不治の痛風片思い縁故債病。

医死シリーズ()

一人のアメリカ医学博士のアンドリュー·ウィルさんが書いたという本『治愈」を打ち出した人体内にある固有回復システム、人の多くの病気は自然の回復の視点.彼は一例を挙げて、一人の女性というクリスチャン闘病の物語.

クリスチャン十九歳になっていて、には、再生障害性貧血、これは1種の骨髄造血機能不全の低減や血液疾患、その次ぐ白血病と見なされても、同じ不治の病.

彼女が病気になってから、半年に住んでいるにもかかわらず、医者はあらゆる手を使っている療法が、すべて未発生予想の効果を、最終的に治療、言いつけ児養生――死神の降臨.

しかし、クリスチャンは女の子で、彼女は病院で治せない病気ではありません、がっかりしてではなく、他の治療を探して.

彼女はまず一位士に自分の信仰療法を実施し、毎週彼女に5回手摩頂の祝儀を.この儀式ではないけど医学手段ですが、調理を受ける摩頂者の心理的には積極的な作用の.やっぱり、2週間式の後、クリスチャンの血液細胞の指標が正常範囲の下限に上昇し、これは喜ばしい信号!

後、彼女はまたどうぞ1位の食療の師は彼女が擬定した回復食療のレシピ、毎日食事療法師科学の指導の下で食.

20年が過ぎ、クリスチャンで生きている人間になって、そして彼女は4人の子供の.

クリスチャン重病は事実で、病院を治療は未効果も事実で、彼女のこの名直らない病気の患者は長期生き延びていたよりは争えない事実で、そして彼女の病気と闘うのは医学の方法として、これはまさか1ですか!

もう一度繰り返すアンドリュー博士の観点:人体内にある固有回復システム、人の多くの病気は自然の回復.明らかに、クリスチャンは採処理(摩頂)と食事療法の2つの方法の調理の下、異動した自分の体の回復システム積極的であり、病気を自然に回復.

もう一つは価値がクリスチャン幸い発見:病院に彼女の病気は治せない時ではなく、ハード治治療ではなく、あきらめた、やっと彼女をされていない治死、続いてきたことがあった彼女の可能性.

実は、多くの重症患者が死亡し、特に不治の病患者は全は真の病と死のかなりの部分は、いくつかの危険な療法は治の死、また一部は病気し死.後者は、極度の恐怖心が生じた、内部>

縫い物痛風.針仕事総関情

私私に送る時、阿玲は1枚の彼女は自分で完成のクロスステッチ刺繍の鴛鴦3、彼女はその時ちょうど禁煙、水商売も行かないので、知り合いの某有名IT会社の技師オタク、今努力して伝統的な女性の女子へ転向.彼女はあの男子学生と女子学生ほとんど正式交際していて、女性に対しての判断基準で滯在石器:料理、洗濯、生育縫い……お金を儲けない別にいい.

その後阿玲の女红作品が、チベットへの汽車で完成1枚の凡· ;高のひまわり、春節は未来へのおばあさんの家へ連れて行き、一連の12星座のカップパッド、私はこのゲームのような手芸をこだわりの南方人の家にけちをつけるか、あまり小児科.彼女は自分の論点は楽しんで、やっと見つけた女子学生の感じがして.

この時彼女はここ30年、突然発見して出勤と退勤のCBDの三裏屯のほかに、もう一つの世界、過去の時代を通じて、林黛玉と芸術娘が保険、静かに、、自成型して一体になって、しかもコストは高くない――家どんなに小さくてもいつも隅に座って裁縫できるのに対して、阿玲はそんなセックスデートにとっては、殺し自体は十分.

古代の女性としてのコア力、女红とたくさんの伝統芸のように、百年はもうだいぶ浪投げ.私は小さい時、たくさんの服はおばあさんの手縫い、彼女を作ってくれ係ストラップの膝の上に何匹か、刺繍小鳥、まで着て解除されるとUターン小学校.これらの服は学校で遭遇一緻の嘲笑のため、城の中の子供を母冬手編みのウールウエア、おばあちゃんのか見えて地味時代遅れ

裁断裁縫より、編物自然はやりやすい.私のお母さんに行く赤いセーターに織田小白兎、私の番になるだけで彼氏に初恋のガーターの織毛マフラー、からも同僚が手伝ってください、織ときは意識していないオフィス恋がため、せっかく磕磕绊绊織などに終わって、マフラーも感情の化石で、なくしてどの隅.

『浮世六记』の奥を取り上げ、身代わり刺繍《金剛経』を得て几十两銀、芸術娘家計を助けるために勉力になり、刺繍の後、肺病大作、まもなく沒.同時代のイギリス騒ぎしている産業革命、芸術娘の夫沈三白剛満歳の時、ジェニー紡績機はすでに成型にかかわらず、庶民版の耕し、文学靑年画版の君私は刺繍でない何百年もスーパーに散見する工業製品.阿玲は私に送る手刺繍作からひときわ珍しいの私は恥ずかしくておひねりしか持って過ごす彼女と技師オタクの結婚式の日、煮ていた幾夜、やっとあのから宝の上で買ってきた半製品3 Dクロスステッチが完成し、当時を思い出し笑い地味な刺繍の衣裳、おばあさんは費いくら気持ち、私は彼女とありがとう、惜しい二度と見つからない機会.